So-net無料ブログ作成

Airbnbのポリシーと多彩な設定条件 その8 [民泊の実態]

Airbnb2歳未満は宿泊料無しですが、2歳以上は成人と同じ宿泊料がチャージされます。ゲストからみて、この料金体系は納得できるものなのでしょうか。

 

電気代・水道代に関して言えば、成人と同じ程度に費用はかかる気がします。寝具に関して言えば、子供は大人が添い寝をするケースが多いので清掃代は大人ほどはかからないでしょう。

 

ホスト側は条件設定として子供の宿泊はお断りにすることができます。おそらく子供は宿泊をお断りしたいホストが多いので、条件設定できるようになっているのでしょう。

 

私は最初はあらゆる条件を設定せずにトライしてみて、問題があれば条件設定しようという考えでスタートしましたので、子供についても何ら条件は設定していません。

 

半年間で子供を受け入れたのは3件です。1件目は7歳の男の子、2件目は5歳と7歳の女の子、3件目は2歳と4歳の男の子でした。

 

共通して言えるのは、どの子もわが家がめずらしいのか走りまわって喜んでいたことです。子供は正直に感情を体で表現しているのでしょう。

 

心配だったのは、ロフトに上って落ちたり、あるいは薪ストーブに触って火傷をしたりの怪我でした。どの親もあまり神経質になっていませんでしたが、一応、なにか事故が起こっても責任はもてないことは都度伝えました。

 

それ以外に特に問題になることはありませんでした。わが家では当面、子供はお断りの条件設定をすることはないでしょう。

 

 


タグ:子供の宿泊
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。