So-net無料ブログ作成
参考情報 ブログトップ

突然ですが確定申告をしました 後編 [参考情報]

さて昨年2ヶ月間の民泊延べ宿泊人数は53人でしたが、宿泊人数にかかわらず1泊単位の格安料金を設定したためわずかな収入でした。

 

ところで申告書を作ろうと思って調べていたら国税庁情報で民泊は原則として「雑所得」になるという通知が出ていました。雑所得は不動産業でないので青色申告ができません。

税理士協会での無料相談とは話が違うじゃないの!

 

しかも所得金額20万円以下は確定申告が不要です。えっ、今まで作った決算書は無駄になるの?

税務署に電話で聞いてみたら「開業届けと青色申告は廃業・取りやめ届けを出してください。医療費控除があるなら雑所得が20万円以下でも記入してください」とのことでした。

 

そこでネットの「確定申告作成コーナー」で申告書を作成しました。念のため確定申告相談会でチェックしてもらって提出しようとしたら、税理士会がやっている相談会は終わっており、国税庁でしかやっていません。1ヶ所しか相談会がなければそりゃ混雑するだろう。そこで税務署にこのまま提出することにしました。

 

廃業届けもあるので税務署へ営業時間の30分前に出向きましたが、すでに一人入口で待っていました。営業開始時間には私の後ろに30人くらい並んでいましたが、無事?提出を終わりました。

 


タグ:確定申告
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

2019.3.5 突然ですが確定申告をしました 前編 [参考情報]

あいかわらず全国数名の読者の皆様、ここ3-4日ばかり確定申告で忙しくてブログの更新を忘れてしまいました。ご心配をおかけしたとしたら申し訳ありませんでした。

 

昨年10月にわが家をAirbnbに登録して民泊を始めました。(この経緯と民泊経営のドタバタはいずれこのブログに書く予定です。)そのため確定申告が必要になりました。準備は昨年からしていたのですが、間違った情報もあり最終的に申告書を作成したのは提出の前日の34日でした。

 

間違った情報とはなんと税理士協会まで聞きに行った税理士の情報でした。この税理士は私よりお年で最新情報を知らなかったようです。

 

年金生活者が民泊を始めて確定申告が必要になったと相談したら、青色申告をしたら税額控除の恩典があり3年間損失が繰り越せるから有利だと言われました。私は決算書を読むことはできるけれど会計処理はしたことがないのでハードルが高いなあと思いましたが、会計ソフトを使えば簡単に決算書を作れるというので青色申告することに決めました。

 

早速、無料会計ソフトをいろいろと調べ、FreeWay経理liteを使うことにしました。青色申告は事前に税務署に届出が必要なようだったので、税務署へ「不動産業」の開業届けとともに青色申告届けも出しました。

 

さて、このあと10月から12月までの支出を整理して決算書の準備をしました。幸いセルフビルドの記録はとっておこうと思い写真とともに支出の記録は領収書とともにとってありました。

 


タグ:確定申告
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

八ヶ岳のカナディアンファーム [参考情報]

窓製作は時間がかかったのでブログ記事も長いです。セルフビルドで家を建てたい人には興味があるかと思いますが、セルフビルドの家をみるだけでいい人には退屈かもしれませんね。

 

そこで今日はみるだけでいい人向けのサービス記事です。

 

建築専門雑誌を本屋の立ち読みで読んでいたとき <いつも立ち読みじゃないんですよ。土地探しをしているときもこんな本を読むことが楽しかったんです。> ふと、わずか2-3行の記事が目にとまりました。よくわからないけど、面白そうな家づくりをしている所がありそうだ。

カナディアンファームという言葉を頼りにネットで調べるとかなりユニークな家を自力で次々と建てている。これは見る価値がありそうだと早速クルマを飛ばしていってきました。

 

季節は11月で八ヶ岳周辺は結構肌寒かったです。見に行かれる方はもう少し暖かい季節のほうがいいかもしれません。ちょうど昼前に着いたのでランチを食べました。食事を提供することで生計を立てているようです。そのためアルバイトらしき人を数名雇っているようです。そのアルバイトらしき若者たちもここの生活を楽しんでいるようでいきいきと料理を提供してくれます。提供している料理もセルフビルド風です。パンについているバターは手作りのハーブバターだそうです。

 

オーナーに声をかけましたが、ランチ作りで忙しそうです。ランチを食べたあと、早速家々を見て廻りました。

 

水道栓からじゃーじゃー水が出しっぱなしです。井戸水なのでしょう。母屋は頑丈な丸太を組み合わせて作っています。きれいなログハウスではないけど、無骨な魅力があります。階段は丸太をボルトで留めただけで作っています。壁は板壁の家もありますし、漆喰塗りの家もあります。

 

CIMG1315-bl.jpg

CIMG1325-bl.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根は板を並べて湾曲しています。軒桁に湾曲した自然の木をそのまま使っているため屋根の形も湾曲しています。うーん、こんな家が建てたいな。屋根の下材は板を並べているだけです。

 

007-bl.jpg006-bl.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敷地内にはりんご箱の材料のような板が積まれて乾燥させてあります。もらってきたものでしょうか。屋根材として使うのでしょう。直径が50cmくらいありそうな大木がごろごろ転がっています。近隣で切らせてもらった立ち木でしょう。

 

玄関前にレンガを丸く置いてアプローチを作っています。いいな!自分もこんなアプローチを作りたい!

 

CIMG1330-bl.jpg

 

一通りみて廻ったころにオーナーから声をかけられました。ランチが終わって一息ついたところなんでしょう。ガレージをみてくれと言います。アメリカからもってきたガレージだそうです。ドアを引くと入口が全面開きます。映画などでみるあれです。

中に溶接機セットが置いてありました。火をつけてみせてくれました。これがあれば鉄材の加工も自由になるそうです。

 

井戸を掘るのは大変でしょうと聞きました。私も井戸掘りの研究はしていて江戸時代の上総(現在の千葉県)で発明された上総掘りを実践しているグループの現場をみにいったことがあります。竹材の筒先に鉄の金具をつけて地面を突き続ける工法です。

しかし、オーナーが言うには井戸掘りは簡単だそうです。この辺はバックホー(重機)で3-4mも掘れば水が沸いてくると言います。なーるほど。

 

屋根材は木材をクギで打ちつけ、そのクギ部分の上にさらに木材を重ねる方法のようです。台風などで飛ばないですかと聞きました。台風で飛んだことはないけど100年保つ家を建てようと思っていない。5年もてばいいと考えているといいます。なーるほど。

 

見るもの聞くもの全部を参考にさせてもらいました。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅
参考情報 ブログトップ